読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Only The Fox God Knows-そして世界の歌姫は新木場にいた。-

Babymetal The one会員限定 ライブ「Only The Fox God Knows」行ってまいりました。
限定ライブは黒ミサ2以来。このクラスの箱は、昨年のNagoya Zepp以来で、さらに新譜でたばかりということで否が応でも期待は高まるばかりのライブでした。
グッズも楽々購入でき、開始まで随分時間がかかるも顔認証を経てPit in。Studio CoastStratovarius以来?でしたが、今日は開始前から、既にいっぱい。でも、女子高生?サラリーマン?などなど、全体的には普段とは違う客層だった気がきます。

開始前に木曜から来日公演を行うDragonforceのSamとHarmanが客席で発見され、盛り上がったり、SEでパンテラ攻撃、そして「Swedishメタ太郎」ことSabatonの「Ghost Division」が流れた頃で暗転。今回の紙芝居では、絶対にやるだろーなと思った通り、Ryogoku(両国)のIronMaiden、Shibuya(渋谷)のDragonforce(明日)、そしてShinkiba(新木場)のBabymetalと、TokyoMetalFestivalというように煽り、Babymetal deathから。比較的前列に陣取っていたのですが、圧縮そして圧縮。久々のBabymetal、そして世界に羽ばたいた3人を一目見ようと前に前に人の波が押し寄せます。

「おいおい。これは大丈夫か?」と思って、若干後ろに下がりつつ、前を見ると、なんということでしょう。MOA-Metalはこんなに大人っぽかったけ?というほどの色気を身につけているではないですか。これは!と思い、YUIを見ると、そこには更にパワーアップしたYMYが!激痩せを心配されていた姿はなんのその、、と思いながら下がりきれずにやはり前方席に留まらざるを得ませんでした。恐るべし。

続くのは、「ギミチョコ」。もはや、新規ホイホイの神曲ギミチョコパイセンの切れ味は今日も健在で、観客全員がズッキュンドッキュンと叫びまくり。しかし、本当にモッシュなんてだきないほどの圧縮の波。倒れそうになる人も多数でこの時は1番辛かったかも。でも、Suの「カモン新木場ー!」に泣きながら応え、「ヤバッ!」へ。この曲の「ヤバッ!」という時の、ゆいもあの表情が大好きなのですが、改めて聴くとほんとに盛り上がります。全員が知っている状態での披露なので、ヤバッ!も、ピッポパッポピッポピ〜も、全員で大合唱。いやー2ndいい。もっと聴きたいーと思ったら、ドSなBabymetalの皆さんは「ウキウキ★ミッドナイト」へ。「ゲソゲソ!」というフレーズの時に、スルメ掲げてるライブあるなーと思いだしながら、ウキウキミッドナイトするも、段々体力が消耗されてきます。ゆいちゃんマジヤバイよゆいちゃん。ここのところの運動不足を反省。そして、3人がはけると、WembleyのLive Viewingで感動を呼んだあの曲のSEが。ドラフォよりドラフォらしいメロスピの最高峰「蒼星-amore-」。正直、今日のSuさんは、好調か不調かというと不調だったようにも感じます。加えて、あまり音のバランスが良くない。でも、それを有り余るパフォーマンス。震えます。東京ドームで見るのが今から楽しみです。この曲では、じっくり見たかったのですが、なかなかファン層が様々なせいか、集中出来なかったのが残念。。
そして、GJ!ではなくて、Song4こと、4の歌へ。もしかしたら、明日はGJやるかな。しかし、武道館の頃に比べたら、さくらの卒業式の頃に比べたら、本当に2人とも大人っぽくなってしまって、なんだか複雑な感情に。。でも、よんよんしながら楽しみ、続く神バンドによるソロからCMIYCへ。先日NARASAKIさんに遭遇し、改めてこの曲の素晴らしさを再認識したので、スキップーー!、、、?やっぱりこの場所ではできないというほど、圧縮は続いていたので、さすがに後ろに下がってスキップモッシュを小さくしながら、周辺のメイトさんとの盛り上がりも段々加速していきました。
そして、あの曲。メタ太郎!どうやら、メタ太郎サーフをした強者もいたようですが、この振り付けは、すごいです。そして、バイキングメタルならではの大合唱も起こるおこる、この曲はアリーナ向きかも!?メタ太郎ほんとに楽しい!ゆいもあすーの笑顔も本当にいい。
そして、いつも紙芝居が。もうそうか。IDZの準備が始まり、、あれ?WODのスペースがほとんどない。というか、あまりそういう動きがない。。今日はやはり客層がいつもと違ったようにも感じました。メイデンに行っているのか、それとも、抽選で敢えて操作されているのか?まぁ、段々と現場が変わってしまうのは寂しいですが、人気が出るというのはそういうことなのでしょう。Babymetalに罪はないし、好きなことには変わりない。でも、これからはWODをしないファンも多くなっていることを理解しなければいけないのかもしれません。とはいえ、小さいながらも、おしくらまんじゅうも起こり、汗まみれになったところで、KARATE!先日とタワレコ渋谷のGearVRで、何度YUIを見ただろう。でも、生で見るYUIは、その何倍もYMYでした。セイヤソイヤ押忍押忍!

次は、お久しぶりなヘドバンギャー!何だか、ヘドバン久々な気がするという感じがしますが、2013年のサマソニでこの曲でドゲバン(土下座ヘドバン)する人々を見て衝撃を受けたのが、私のBabymetal初体験だっただけに、そして、あの武道館赤い夜もこの曲が伝説になっただけに、私にとってはとても大切な曲です。当たり前のようにドゲバンし(周りには殆どいなかったけど)、Babymetalへの気持ちをこの地球にたたきつけました。

すると、英語で常にあなたたちと一緒にいると紙芝居が流れ、The Oneへ。荘厳。そして、この曲のギターソロが本当にカッコいい。全員でらららーと歌っている時のSuさんは本当に満足げで、一体になれる曲というのはこういう曲のことをいうのだと思いました。そして、これから始まる Metal Resistance part4の会場、Finalのドームの案内がされて終了。正味、1.5時間でしたが、あっというま。RoRを始め、聴きたかった曲はあれもこれもありますが、充分に満足。

次に見るのは夏フェスかー。待てないっす。